鹿児島国際大学の教育方針やサークルなどの積極的な活動とは

鹿児島国際大学は1932年の鹿児島高等商業校を起源とする長い歴史のある私立大学で、各年代の社会情勢や時流などを踏まえながら学生教育のための発展を心がけ、新たな学校機関の創設や、学部増設、移転などを歳月に刻みながら歩みを続け、2000年に国際文化学部の開設と共に現在の名称である鹿児島国際大学となりました。大学名の略称は英名の頭文字より取ったIUK、または鹿国大と呼称されています。

鹿児島国際大学の建学の精神としての理念は東西文化の融合や地域社会に貢献することであり、グローバル視点で社会や文化を捉えることの出来る能力を育て、こうした人材教育が地域社会への発展へ繋がるとされています。具体的な教育方針としては学生個人の素質を可能性へと発展させ、自らの思考で行動できる能力を身に着けるためのカリキュラムを設置しています。共通教育科目と、学部ごとの専門教育科目をベースとしており、言語能力の向上のため外国語によった講義を開くなどしています。留学制度なども充実した内容で、特に夏休みを利用した海外インターンシップ制度では、中国、台湾、シンガポールなどアジアの国々にてその国の文化を学びながら、日本から現地へ進出している大手企業や現地の企業などを巡り、現地ビジネスマンによって国際社会に置ける日本と外国の関係性や比較などの声をレクチャーされるなど大きな経験を積むことが可能となる制度です。国外の大学との協定ではアメリカやカナダを始め韓国や中国、台湾やタイの大学などと、交換留学や学術協力を通して、学生、教職員共に国際交流を精力的に行っています。また、国際コミュニケーション能力の向上として、語学研修を設けており、アメリカとイギリスを選択できる英語集中コース、ドイツ語の基礎を学ぶドイツ語集中コース、中国の文化を学びながら言語を学ぶ中国語集中コース、ネイティブな感覚の会話を学ぶ韓国語集中コース、他にスペイン語集中コースやフランス語集中コースなど幅広い言語に対応した、役立つ言語能力を身に着けるための研修など鹿児島国際大学ならではの教育科目が多く揃っています。

様々な経験を積むことの出来る学風に沿い、鹿児島国際大学ではサークル活動を活発に行っています。例えば鹿児島国際大吹奏楽団は地方振興のため地元イベントへの出演や依頼公演などに応じた活動を積極的に行っています。また毎年公演される定期演奏会では地元放送局などの後援を得て、ホールなどの会場にて本格的な演奏会などを開き、本番ならではの経験が楽しさや喜びに繋がるとPRしています。

鹿児島国際大学
http://www.iuk.ac.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. リフォームは、自分の家をより快適にしたいというお客様の夢や希望の詰まった素敵なものです。そんなお客様…
  2. 私鉄の運転士として働く松岡哲也氏は、中部地方における私鉄の列車を運転するのが仕事です。子供の頃から鉄…
  3. 沢山の人から慕われている村瀬孝司ですが、彼は現在コンピュータ関連の仕事をしています。というのは、人々…

アーカイブ

ページ上部へ戻る