生きた現場ならではの技術・知識を養う西日本アカデミー 航空の実習・研修制度

西日本アカデミー 航空の実習・研修制度について見ていきましょう。西日本アカデミー 航空の実習・研修制度は、生きた現場ならではの技術・知識を養うものです。

全員が必修の西日本アカデミー 航空のインターンシップでは、企業での実習を3ヶ月?4ヶ月間行います。憧れとする航空業界において、仕事を実際に体験します。空港において西日本アカデミー 航空の机上で学習したことを実践することによって理解がより深まり、多くの仕事の技術や知識をマスターすることが可能になってきます。また、全員が実習することによって、信頼関係が企業との間に生まれてきます。福岡空港における実習スケジュールについては、いくつかの大手の航空機会社で実習をそれぞれ行います。先輩に教えてもらいながら実践で勉強をします。実習時間の一例としては、実習の早番は午前7時?午後2時、実習の遅番は午後2時?午後9時になっています。遠方の空港や異なった会社で、実習を2回するような場合もあります。実習先の企業としては、福岡空港では、大手の航空会社のグループ会社などがあります。また、熊本空港や羽田空港、成田空港の場合でも、同じように航空会社の大手のグループ会社など、多くの会社があります。そのため、将来、自分が仕事をしてみたいような会社で実習を行うことができるかもしれません。

西日本アカデミー 航空の空港見学研修では、多くの先輩が仕事をしている福岡空港において、実際に仕事をしている様子と現場に触れながら、空港で仕事をすることの面白さを実感することができます。西日本アカデミー 航空の空港見学研修スケジュールとしては、大手の航空会社の国内線の旅客カウンターを見学してから、航空会社で仕事をしている卒業生と懇談をします。その後、大手の航空会社の国内上屋・貨物ターミナルビルの見学をして、最後に大手の航空会社の国際線ターミナルを見学します。

西日本アカデミー 航空の宿泊研修では、基礎を航空人・社会人として学習します。社会人としてのテーブルマナーやビジネスマナーなどの基礎を学習するとともに、航空会社を自分たちで創ろうということをテーマにして、新入社員研修のような教育体験をします。研修内容は、第一歩を航空人としてスタートするためのものです。

西日本アカデミー 航空の国内・海外研修では、国内外にある客室乗務員訓練所を視察したり、体験したり、現地の学生と触れ合ったりすることによって、異なった海外の文化を把握して、視野を幅広く養います。

西日本アカデミー航空専門学校
http://www.nac.ac.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 旅行に行って写真を撮ることが趣味の浦壁伸周は、28歳の男性です。男性だからこそ、グイグイと旅行先でも…
  2. 秀光ビルドはきちんと検査を行うのが特徴となっています。秀光ビルドは責任を持って品質の良い住まいを引き…
  3. 神澤光朗は知人・友人からの評判も高く、信頼をおける人として多くの人から慕われています。九州男児らしく…

アーカイブ

ページ上部へ戻る