一橋セイシン会の先生に感謝しています

一橋セイシン会が中学受験専門と聞いて、子供が六年生になった時に家庭教師をお願いしました。小学校六年生に上がった時点で、志望校に合格するのか全く分かりませんでした。一橋セイシン会の先生がおっしゃるには、すべての科目に学力をつけていかないと、合格までがとても厳しい状況だと言われていたのです。でも1年間勉強することで成績は上がるので、合格も夢では無いですよと力強くおっしゃっていただいたので、親の方がとても心強く思って、一橋セイシン会に家庭教師をしていただくように頼んだのです。
子供もまだ小学生なので、基本的には集中力がなく、勉強することにあまり興味を抱いてなかったのです。おそらく一橋セイシン会の先生はそのようなことも長年の経験から理解していたのでしょう。まずは子供とのコミニケーションをとりながら、勉強の面白さを伝えようとしてくれたのです。最初は緊張気味だった子供もだんだんと先生と仲が良くなり、話をすることがとても楽しくなったのです。ですから家庭教師の先生が来る日は、少し楽しみな日になっていたようです。

中学受験に合格するためには全ての科目の成績を上げる必要があったのです。でも一橋セイシン会の先生は、まず初めに算数を重点的に教えてくれたのです。子供が1番興味を抱いていた算数の科目に目をつけ、1番最初に成績を伸ばすことにしたのです。先生がおっしゃるには、算数はとても成績が伸びやすく結果も分かりやすいので、子供にやる気を持たせるためには算数の成績上げることが1番都合がよかったそうなのです。確かにすぐに算数の成績が伸びて、結果として現れたのです。この急激な成績の伸びに1番喜んだのは子供でした。それからは相乗効果で子供はもっと良い成績を取りたいとか、親や先生から褒められることに喜びを感じながら勉強に励むことができたのです。その結果算数の成績がとても伸びたのですが、他の教科の成績も伸ばしたいと、貪欲に頑張ってどんどん伸びていったのです。1つの科目の成績が良くなることで、他の教科の成績もこれほどまでよくなるのかと思い感心しました。

その結果1年間で中学受験を合格することができて、とても一橋セイシン会の先生には感謝しています。先生に教えてもらえてとても良かったと思っています。また、家庭教師をしてくださって勉強だけを教えてくれるものだと思っていましたが、勉強のやり方や人のやる気の出し方を親の方が教えてもらったようでとても感心しています。

一橋セイシン会
http://www.hitotsubashi.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. リフォームは、自分の家をより快適にしたいというお客様の夢や希望の詰まった素敵なものです。そんなお客様…
  2. 私鉄の運転士として働く松岡哲也氏は、中部地方における私鉄の列車を運転するのが仕事です。子供の頃から鉄…
  3. 沢山の人から慕われている村瀬孝司ですが、彼は現在コンピュータ関連の仕事をしています。というのは、人々…

アーカイブ

ページ上部へ戻る