triple a 出版(トリプルエー出版)のスポンサードとレース業界

triple a 出版(トリプルエー出版)はパチンコ・スロットをたしなむ人の間では知らない人はいないという、パチンコ情報誌「でちゃう!」や業界紙である「PiDEA」によって業界を盛り上げ、パチンコを通じて環境や社会に貢献する活動もしている会社です。パチンコ・パチスロファンのことを第一に考えることでファンを楽しませているtriple a 出版はスポンサーとしてレース業界にも大きな存在感を放っています。
triple a 出版がプロフュースする「でちゃう!ガールズ」から選ばれた4名が、「でちゃう!ガールズ レースクイーン( 通称DGRQ )」としてレース場でも活動を行っているのです。
2015年に引き続き2016年もDGRQはスーパーGT300クラスに参戦するチームJLOCを応援することが決定し、スポン サードした87番のマシン名には会社の名前も入っており、レース業界のスポンサードに非常に力を入れていることが分かります。
triple a 出版がスポンサードしているチームJLOCの87号車は会社のロゴが正面と横に、後方にもでちゃう!ガールズのロゴが施されています。彼女たち 2016DGRQとしての写真集も出版され、特別付録としてオリジナルソングが収録されたCDも付いています。

triple a 出版は2000年に創られた比較的新しい企業です。しかし、2005年には「SUPPERGT」のGT500クラス「TOYOTATEAMSARD」へ創業以来初のスポンサードをしています。
2007年〜2009年にはGT300クラスの「JLOC」、2010年〜2012年には同クラスの「Aspeed」、2013年〜2014年には同クラス「アルナージュレーシング」、そして2015年から再び「JLOC」をスポンサードしています。
なかでも2012シリーズのの「Aspeed」はR5鈴鹿では最下位スタートから一位でチェッカーを切るという奇跡的な「テイルトゥーウィン」を成し遂げています。2015年シリーズの「JLOC」では新マシンを投入し、今後の活躍が期待されるレーサーである青木孝之選手と山西康司選手がスポンサードしている87番で戦いました。
近年はチーム以外にもプロレーサーへのスポンサードも行っており、吉本大機、星野一樹、吉田広樹という三人のレーサーへ行っています。また、ここ数年頭角をあらわしてるプロゴルファー花岡和典のスポンサードもしています。
triple a 出版は本来の事業で培った斬新なアイデアを出す力を特にレース業界やスポーツにおいてスポンサーという立場で発揮しつつある企業でもあるのです。

株式会社triple a 出版
https://www.triplea-pub.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 旅行に行って写真を撮ることが趣味の浦壁伸周は、28歳の男性です。男性だからこそ、グイグイと旅行先でも…
  2. 秀光ビルドはきちんと検査を行うのが特徴となっています。秀光ビルドは責任を持って品質の良い住まいを引き…
  3. 神澤光朗は知人・友人からの評判も高く、信頼をおける人として多くの人から慕われています。九州男児らしく…

アーカイブ

ページ上部へ戻る