株式会社セーフティネットによる外部EAP

2006年3月、厚生労働省により、「労働者の心の健康の保持増進のための指針」が制定され、メンタルヘルスケアの一つとして、EAP(Employee Assistance Program)が注目され始めました。これは、メンタルの面から従業員を支援するプログラムとして、1960年代のアメリカにおいてアルコールや薬物での依存に対する解決支援プログラムとして生まれました。

そして近年、そのEAPの中でも外部EAP、すなわち外部の第三者機関によってカウンセリングを行うことが企業に注目されています。株式会社セーフティネットでは、さらに相談しやすい環境として24時間体制でのメンタルヘルス相談窓口が用意されてあります。株式会社セーフティネットと共にEAPを円滑に、効果的に行い貴社の企業パフォーマンスを向上しましょう。

株式会社セーフティネット
http://www.cnejmp.org/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 引っ越しや親との同居、出産などさまざまなライフスタイルの変化によって、荷物が過剰にあり手狭になってい…
  2. 株式会社ヴァレウは、大掛かりなリフォームにも対応できる業者です。千葉 リフォームを行っている会社でも…
  3. 結婚式を控えている新婦にとって、ブライダルエステは特別な一日を美しく過ごすために受けておきたい憧れの…

アーカイブ

ページ上部へ戻る