HMDコンサルタンツの従業員は発達障害の児童を全力でサポートしている

HMDコンサルタンツは児童ひとり一人の個性を大切にして児童に接している従業員ばかりです。HMDコンサルタンツの従業員はみんなが児童の自立のために毎日、真剣に児童と向き合っているので、初めて入所した児童でも従業員に慣れるまでは時間はかかりません。全ての従業員が何らかの資格を持っている有資格者ばかりで、施設独自の研修も受けているので全ての児童へ対応することができます。従業員は有資格者だけではなくて、他の施設でも発達障害児に接してきた実績を持っているので本当に安心できる施設です。発達障害は特別な障害ではなくて、ただ単に他の児童よりも少しだけ覚えるのが遅いだけなので、訓練をすると知識が高まって行きます。児童の支援を目的にしているので、児童の希望があると学校のクラブ活動のみの参加へも学校側と相談した上で参加できる環境を作っています。我が子の発育が遅いと思った時には、一度、施設への見学をすると良い方向へ向かっていきます。自閉症も発達障害になるので施設内には自閉症の児童も数人入所しています。一人でできることには従業員は手は出しませんが、一人でできない児童に対しては従業員がサポートをしています。通院が必要な児童には病院まで付き添うこともおこなっているので、保護者にとっても本当に頼りになる存在になっている施設です。

通常の送迎バスは施設と自宅の往復のみですが、HMDコンサルタンツでは、自宅のみではなくて学校・通学路・児童相談所・保育園または幼稚園・病院・他の施設へと何処でも送り迎えをしているので、保護者の方にとっては非常にありがたい運行をしています。送迎バスのドライバーは二種免許を持っているプロのドライバーなので、安全に児童の送り迎えが可能になっています。毎日、違う場所へも送り迎えが可能な体制ができていますが、あらかじめにHMDコンサルタンツの従業員へ伝えておく必要があります。送迎バスにはリフト付き福祉バスを使用しているので、車椅子を利用している児童にも利用ができます。福祉バスを導入することによって、今までは外出が困難な児童でも気軽に外出ができるようになっています。

児童は施設から自宅へ帰宅すると保護者の方に一日のできごとを楽しそうに話しています。このように児童が自分から保護者の方に話をするということは、それだけ、施設での生活が非常に楽しい証拠にもなります。施設へ入所することで新しい楽しみを見つけることができて、新しい楽しみが見つかると児童が自ら行動を移すようになるので、保護者の方にも非常に嬉しいことです。学校へ行っている児童には、学校が終わってから放課後に遊びに来る児童も沢山いるので、児童に合った方法で利用ができるという他の施設にはない最大のメリットになります。施設での過ごし方は児童ひとり一人が違っていて、音楽を楽しむ児童やお友達・従業員とお話しを楽しむ児童がいるので、初めての入所でも一日体験すると次回も行きたいと思う児童も沢山います。

保護者の方にとっては、お子さんの笑顔を見ることが一番の幸せですが、施設へ入所させることでお子さんの笑顔が増えます。毎日、笑顔を見るためには、お子さんに少しでもやりたいことをやらせることが、もっとも大切になっています。HMDコンサルタンツ独自の活動も児童の笑顔になる元になっているので、入所させることで、児童の家族みんなが笑顔になります。HMDコンサルタンツは、大阪府には欠かすことができない児童デイサービス施設として、大阪府民には広く知られています。
入所はしなくても施設の話を聞くだけでも可能になっていて、入所するかしないかは、見学後に選択できます。見学のときには一日だけ体験として入所させることもできて、保護者の方もその様子を見ることもできます。

株式会社HMDコンサルタンツ
http://ilisclub.com/company/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. リフォームは、自分の家をより快適にしたいというお客様の夢や希望の詰まった素敵なものです。そんなお客様…
  2. 私鉄の運転士として働く松岡哲也氏は、中部地方における私鉄の列車を運転するのが仕事です。子供の頃から鉄…
  3. 沢山の人から慕われている村瀬孝司ですが、彼は現在コンピュータ関連の仕事をしています。というのは、人々…

アーカイブ

ページ上部へ戻る