日本の電気を支える会社、日栄動力工業

日栄動力工業は東京電力の下請け上位の会社です。

日本の発展は電気と共にあります。われわれの生活で電気で動くものは数多くあり、冷蔵庫や洗濯機、パソコンやクーラー、そのほか数え上げればいくらでもでてきます。現在のわれわれの生活の中に、電気はなくてはならないものです。それだけでなく、電力なくしては下町の工場も大企業のビルも動かすことはできません。病院での検査機器類、生命維持装置も電力が必要です。震災で多大な事故や犠牲も伴いましたが、それらを復興させるためにすら電力は必要なのです。そのような、なくてはならない電力を供給する会社として、日栄動力工業は力を尽くしています。

日栄動力工業は電力の供給のために、火力発電、原子力発電、石油や化学プラントなども扱っています。また、それらを扱うための設備、たとえば火力発電だけでも蒸気タービン、ガスタービン、復水器、給水ポンプ、廃棄物処理など多岐にわたるいろいろな機器を扱っています。原子力発電やそのほかでも同様です。それら各種機械取り付けや点検を行ない、日栄動力工業は東日本大震災の復興にもかかわってきました。
東京電力株式会社という名前が大きく、その会社が東日本の電力を支えているという報道各種はある意味事実ではありますが、東京電力株式会社という大きな名前の下で、実際に電気を作って供給する体制を作っているのは、日栄動力工業はじめ多くの下請け会社です。

日栄動力工業は東京電力株式会社の下請けの中でも上位にあり、かかわる電力関連の大きさも違っています。それは、言い方を変えれば、それだけ日本へ電力を供給しているということであり、日本の生活や工業や農業、日本が日本であるために必要な全てを支えるために尽力しているともいえます。

震災のあと、節電や原子力への嫌悪が日本全体に広がりを見せました。ですが、それでも電力のない生活をすることは誰にもできません。キャンプ場のバンガローですらクーラーの設置がなければ熱中症が危ぶまれるご時勢です。日本が先進国として進歩してきた歴史は、そのまま電力の発展の歴史でもあるのです。それらを急に変えることは誰にもできません。将来的に代替するものが出てくるとしても、それまではやはり電力が必要になります。
たとえば商業的な節電商品やエコに対しての意識は今後どんどん進歩していくでしょう。が、短期的な将来に電力自体がなくても生活していけるような時代がくる見通しはありません。そのために日栄動力工業は日々電力を供給し続け、皆様の生活を支えています。

日栄動力工業株式会社
http://nichieidouryoku.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. 車内クリーニング 千葉を選ぶ際には、カーコンビニ倶楽部 印西店をおすすめします。車内の清掃や設備を点…
  2. リフォームは、自分の家をより快適にしたいというお客様の夢や希望の詰まった素敵なものです。そんなお客様…
  3. 私鉄の運転士として働く松岡哲也氏は、中部地方における私鉄の列車を運転するのが仕事です。子供の頃から鉄…

アーカイブ

ページ上部へ戻る