高木文明の生い立ちと大切な人たち、趣味について

高木文明は、山や田んぼが広がる大自然に囲まれた田舎で育ちました。
弟と私の男兄弟二人で、母を困らせるほどの元気でわんぱくな子供でした。夏はシャツも着ずに裸で山の中を駆け回って、日が暮れるまでセミやカブトムシなどの虫取りに明け暮れ、冬は裸足でもかまわずに田んぼに積もった雪で弟と雪合戦を楽しんだものです。
とにかく高木文明は、活動的で、何でも一度はしてみないと気が済まない子だったと思います。好奇心が旺盛というか、無鉄砲で活動的だったのでしょう。静かな田舎でも、私の存在は目立っていたように思います。周りを元気にさせてくれる子だと、近所の人にも言われていました。
そんな私だったので、父と母にも心配かけることが多かったとは思いますが、それでもやりたいことはさせてくれた両親には感謝しています。
遊びに勉強にどちらも一生懸命するほうで、小学校の成績はそんなに悪くなかったと思います。とにかく目の前のことには全力で取りかかる性格でした。それは両親も褒めてくれたのですが、時に夢中になりすぎて周りが見えなくなることもしばしば・・・。
とにかく今の高木文明という人間の基礎が形成されたのは、こうした田舎暮らしとたくましく育った幼少期ではないかと思います。
都会育ちだと、また違ったと思うんです。田舎暮らしだったから、都会ほどいろいろと便利ではありません。学校に行くのも、1時間ほど自転車をこがなくてはならず、それでもその道中も田舎は面白い発見がたくさんある。学校に行くのも楽しかったです。
高木文明のチャレンジ精神やガッツ、飛び込んでいく勢いなどは、大人になった今もあの頃のままだと思います。楽しい幼少期を過ごせて、幸せだったそうです。

高木文明は、活動的で元気な幼少期を過ごしたのですが、実は勉強熱心というか研究熱心な部分もあり、趣味に関してはアウトドアではありません。
確かに大人になってからも、旅に出かけたり自転車に乗ったりして活発な面もあるのですが、私の何よりの趣味は、楽器演奏です。それもギターやピアノといったメジャーな楽器ではなく、自然の中で見つけた植物を利用して笛などを作って演奏するというものです。
例えば春になると、ピーピー豆と呼ばれる植物がいろいろな場所に生えているのをご存知でしょうか?濃いピンク色の小さな花が付くのですが、エンドウ豆のミニサイズのようなものが茎にたくさんできます。そのピーピー豆を摘み取り、上手に豆だけを出して笛を作って吹くと、可愛らしい音色が響きます。
このピーピー豆も、高木文明コレクションの楽器のひとつなんです。大きさやカットの仕方、吹き方などで、音の高さや響き方が変わってくるのですが、これらをいくつか使用して楽しいメロディーが奏でられます。
そのほかにも高木文明作の楽器には、大きくて薄い葉を丸めて笛にしたものや、木の枝で作った木琴のようなものなど、いろいろあります。植物なので勿論、何日かするとしおれてしまって永遠に置いておくことはできませんが、作った楽器は写真を撮り「高木文明楽器コレクション」のアルバムに記録しています。
さらにその楽器で奏でたメロディーもテープに録音しております。
アルバムを見ながらテープを聞けば、その時の楽器への愛着がよみがえってきます。
こうしたちょっと風変わりな趣味も、自然が多い田舎で植物に触れて育ったことも、関係しているのでしょう。珍しい植物を見つければ、その植物について調べて研究して、楽器にできないか常に考えています。

このように活動的でもあり研究熱心な風変わりコレクターでもある高木文明は、どちらかというと広く浅くではなく狭く深くの人付き合いだと思われます。
基本的に、大切な人のことは自分のことを後回しにしてまで親身になりますが、お酒を飲まないのもあり、あまりあちこちの付き合いに顔を出す方ではないかもしれません。八方美人タイプではないのです。
そんな彼が、まず尊敬しているのは、やはりこんな私に育ててくれた両親です。あまり細かいことを言わず自由を尊重して育ててくれたからこそ、たくましくなれたのだと思っています。
そして高木文明をいつも陰ながら支えてくれている妻と親友の存在も、とても大きいです。
私の親友は、中学時代からの友人なのですが、どうかすると何かに夢中になりすぎて前が見えなくなったり危険なほうへと進んで行ったりしがちな私に対して、上手にストップをかけてくれました。
自分が納得するまではやらないと気が済まない私の性格も理解してくれていて、ちょうど良いタイミングで現れてくれるのです。
仕事においても、彼は私のやり方を常に見守って応援してくれました。これは妻も同じです。
二人には本当に感謝しています。
あともう一人、高木文明の大好きな存在、それは愛犬の三四郎です。高木文明と三四郎は、休日はいつもワンセットです。
見た目はクールな柴犬なのですが、やんちゃで人なつこい性格は、彼にそっくり。本当に可愛くて仕方ありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 引っ越しや親との同居、出産などさまざまなライフスタイルの変化によって、荷物が過剰にあり手狭になってい…
  2. 株式会社ヴァレウは、大掛かりなリフォームにも対応できる業者です。千葉 リフォームを行っている会社でも…
  3. 結婚式を控えている新婦にとって、ブライダルエステは特別な一日を美しく過ごすために受けておきたい憧れの…

アーカイブ

ページ上部へ戻る