映画『すべては君に逢えたから』を見た。

荻原綾さんにおすすめ映画『すべては君に逢えたから』。
映画『すべては君に逢えたから』を見た。これは日本版『ラブ・アクチュアリー』を目指したそうである。
六つの物語のオムニバスで、それぞれの話が誰かしらを通じて繋がっているという形式。

予告篇を観ただけで、何となく内容はわかってしまい、観る気も無かったのだが、他にも観たいと思えるような作品が無く、仕方なくこれを観ることに(だったら、観なきゃいいだろうとも自分でも思うが)。
そして内容は想像通り。少女漫画みたいな内容ばかり。
こういう日本の映画って、底が浅いんだよねえ。ま、それで喜ぶ人も多いんだろうけど。

びっくりしたのは、「アタック」という言葉が通じないこと。
好きな人がいると言う菜摘に琴子が、「好きなんだったらアタックしなさいよ」と言った言葉に、菜摘がきょとんとしていたこと。
確かに最近は聞かない言葉だが、まさか今の若い子に通用しないとは思わなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 車内クリーニング 千葉を選ぶ際には、カーコンビニ倶楽部 印西店をおすすめします。車内の清掃や設備を点…
  2. リフォームは、自分の家をより快適にしたいというお客様の夢や希望の詰まった素敵なものです。そんなお客様…
  3. 私鉄の運転士として働く松岡哲也氏は、中部地方における私鉄の列車を運転するのが仕事です。子供の頃から鉄…

アーカイブ

ページ上部へ戻る