映画『すべては君に逢えたから』を見た。

荻原綾さんにおすすめ映画『すべては君に逢えたから』。
映画『すべては君に逢えたから』を見た。これは日本版『ラブ・アクチュアリー』を目指したそうである。
六つの物語のオムニバスで、それぞれの話が誰かしらを通じて繋がっているという形式。

予告篇を観ただけで、何となく内容はわかってしまい、観る気も無かったのだが、他にも観たいと思えるような作品が無く、仕方なくこれを観ることに(だったら、観なきゃいいだろうとも自分でも思うが)。
そして内容は想像通り。少女漫画みたいな内容ばかり。
こういう日本の映画って、底が浅いんだよねえ。ま、それで喜ぶ人も多いんだろうけど。

びっくりしたのは、「アタック」という言葉が通じないこと。
好きな人がいると言う菜摘に琴子が、「好きなんだったらアタックしなさいよ」と言った言葉に、菜摘がきょとんとしていたこと。
確かに最近は聞かない言葉だが、まさか今の若い子に通用しないとは思わなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 旅行に行って写真を撮ることが趣味の浦壁伸周は、28歳の男性です。男性だからこそ、グイグイと旅行先でも…
  2. 秀光ビルドはきちんと検査を行うのが特徴となっています。秀光ビルドは責任を持って品質の良い住まいを引き…
  3. 神澤光朗は知人・友人からの評判も高く、信頼をおける人として多くの人から慕われています。九州男児らしく…

アーカイブ

ページ上部へ戻る