花岡篤司がアマチュア指導にかける思い

ゴルフインストラクターになるためには、専用の試験を受けます。この試験に合格できるのは、一定の指導経験を積んだ方に限られます。再受験は可能ですが、その分受験生のレベルも高めです。アマチュアゴルファーの信頼を勝ち取れる指導者が望まれています。一つ間違えれば、誤ったフォームでゴルフを始めてしまうかもしれない、指導者は、初心者の気持ちを考える必要がある職業です。花岡篤司は、その事をよく自覚しています。

花岡篤司にとって、思考とは容易いことです。相手がどうやって目標を達成するかをイメージし、そこに至るまでのルートを確立します。後は、ゴールに至るまでの日数を考え、一つずつレッスンを進めていきます。自分の指導法が、彼らの思考を妨げないよう、彼は常に注意を払っています。理由は、「彼らのペースで思考をしてもらう事」が、ゴルフ上達のカギとなるからです。彼の指導は、「相手に考えさせること」で成り立っています。

一度ショットしたボールは動かせません。これはゴルフの原則です。彼は、インストラクターとして仕事をしながら、ゴルフの基本的なルールもレクチャーしています。ゴルフは成果のみならず、楽しさも伝えるべき種目だそうです。彼は海外に出掛け、現地のトレーナーのレッスンを受けているそうです。海外で得られる経験は、どれも特殊なものであり、彼の視野を広げるために、十分なものだとか。少なくとも、彼のインストラクターとしての技術は、海外研修で身に付いたものだそうです。

ゴルファーとしての自分をイメージすることが、花岡篤司の最近の楽しみです。花岡篤司はツアー参加者として活動する一方、自分の理想のゴルフをイメージすることも忘れていないそうです。もう年も年ですし、シニア向けの大会への出場が精一杯だそうです。ゴルファーは、時に自分を鼓舞します。理由は、自分のメンタルが弱いことです。基礎練習を続けていても、分からないことも多くあります。だからこそ、大会に出場し、自分より上手な方とツアーを回ることで、より多くの事を得ようとされます。

アマチュアの方々の指導は、インストラクターの仕事です。特に花岡篤司は自己中心的な思考をする癖がありますので、その矯正も彼の課題です。アマチュアの方が技術を向上させ、彼らがよりゴルフを楽しめるよう、より正しい形で啓蒙することが、彼の今後の課題です。完璧を求めず、敢えてゆるさを保つ。こうすることで、相手の思考の余地を広げ、彼自身も勉強をする。この繰り返しが、彼にとっての指導ポイントだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 引っ越しや親との同居、出産などさまざまなライフスタイルの変化によって、荷物が過剰にあり手狭になってい…
  2. 株式会社ヴァレウは、大掛かりなリフォームにも対応できる業者です。千葉 リフォームを行っている会社でも…
  3. 結婚式を控えている新婦にとって、ブライダルエステは特別な一日を美しく過ごすために受けておきたい憧れの…

アーカイブ

ページ上部へ戻る