神谷優太の手紙の字の書き方

神谷優太にとって、お客様は神様です。彼は、お客様のために働いています。彼のお店はいつも繁盛しており、彼は多くのお客様から信頼されています。彼のために働かれるスタッフも多くおられ、彼はいつも忙しそうにしています。スタッフは彼が面接して選んでいます。過去の実績を参考に決めることも多いそうです。時給は通常の居酒屋とほぼ同じだそうです。冷静に考えると、彼はこの生き方が最善だったとは考えていません。しかし、彼にとっては、今こそが人生だそうです。

神谷優太は、店をさらに展開したいと考えています。理由は、彼にとっての現実が、1つしかないからです。彼はこの場所において、健やかな時間を過ごされます。少なくとも、彼は店のオーナーとして、一定の成功を収めています。彼の目標では、関東一円に店を展開し、日本中の人に彼の料理を食べてもらいたいと考えています。もちろん、彼のワインの知識を本にして出版することも忘れません。彼は野心家であり、エネルギッシュな毎日を過ごされています。

神谷優太は凝り性で、ひたすら料理を作っています。彼の料理の腕は人一倍ですが、プロほどではありません。調理師免許をとってから開業されていますので、法的に問題はありません。もっとも、スタッフに料理人志望の学生がおられるため、主な料理は彼に任せているそうです。料理の腕に自信がある方も、彼の科学的な考察の前では、太刀打ちできないそうです。日本には腕のいい料理人がたくさんおられますので、彼らの動向を観察することも、仕事の内だそうです。

神谷優太は学生のころ、とても字が汚かったそうです。そのため、自分で字を矯正しようと考えましたが、上手く行かず、専門の講座を受けたそうです。通信講座を毎日続けることで、少しずつ、彼のクセ字は改善しました。字の改善はとても大変だったそうです。字を書き連ねるだけでも大変なのに、そのイメージを整えながら、一つずつ丁寧に作業を続けるのは、ますます大変だとか。手紙を書くときは、ボールペン字講座のつらさを思い出して、丁寧に書いているそうです。

神谷優太は、手紙を書く時のため、専用の万年筆を用意しています。この高級な万年筆は、とっておきの相手に出す手紙に用いるそうです。例えば恋人や親友、家族等です。なじみの客に対しても、手紙を書くそうです。人間には長所と短所があります。彼はあえて短所を武器にすることで、他の人との距離を縮めておられるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 旅行に行って写真を撮ることが趣味の浦壁伸周は、28歳の男性です。男性だからこそ、グイグイと旅行先でも…
  2. 秀光ビルドはきちんと検査を行うのが特徴となっています。秀光ビルドは責任を持って品質の良い住まいを引き…
  3. 神澤光朗は知人・友人からの評判も高く、信頼をおける人として多くの人から慕われています。九州男児らしく…

アーカイブ

ページ上部へ戻る