バレーボール選手から俳優へと転進の小田倉哲治とは

小田倉哲治は北海道の札幌市で、普通のサラリーマンの息子として昭和48年に生まれました。3人兄弟の末っ子であり、小さい頃は自由奔放で天真爛漫に育ちました。
両親が背が高かったため、小田倉哲治は小学校の頃から身長が170センチ近くあり、中学生になるとすぐに地元の中学のバレーボール部にスカウトされます。しかし、当時の小田倉哲治はバレーボールにはあまり興味がなかったため、最初は野球部に入部しました。ところが、入部してすぐに先輩達の喫煙が中学校側に知られることになり、彼が活躍することもなく野球部が廃部となってしまいます。そこで、最初にスカウトされたバレーボール部に入部を決意します。バレーボール部では持ち前の背の高さを生かし、メキメキと実力を伸ばし、2年生でレギュラーの座を確保できるようになりました。その後、3年生でチームのエースアタッカーとなり、地区大会で優勝すると、バレーボールの強豪高校から入学を誘われるようになりました。

バレーボール強豪高校に入ると、毎日バレーボールしかやらなかったと、小田倉は言っています。そんな高校生活でしたので、勉強は今も苦手だそうです。高校のバレーボール部はレベルが高く、小田倉哲治はアタッカーからリベロへと転身しました。リベロでも大活躍したのですが、3年のインターハイの準決勝の時に致命的な腰の怪我をしてしまい、そこでバレーボールの選手生命を絶たれることになりました。

高校卒業後は持ち前の背の高さと整った顔立ちから、小田倉哲治は以前より興味があった俳優への道に進むことを決意し、東京へと上京しました。最初は売れない俳優としてアルバイトをしながら、なんとか10年舞台俳優として頑張ってきました。その間、映画やテレビドラマのオーデションも何百回と受けてきましたが、ほとんどが不合格かちょい役程度しかもらえなかったそうです。_x000D_
ある時、ドラマの刑事役で受けたオーデションにみごと合格し、それからはトントン拍子に有名になってきます。そして刑事役のドラマが終了した後も、すぐに映画の主役の座が決まり、最近ではテレビのバラエティ番組からも声がかかるようになりました。

小田倉哲治の名前を世間の誰もが知るようになった頃、映画での共演をきっかけに女優のAさんと知り合い、3年の交際の末に結婚しました。その後、1男1女を儲け、現在は都内の高層マンションにて幸せなファミリーを築いています。そろそろお子さんたちも大きくなったので、奥様の女優復帰が近々見られることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 引っ越しや親との同居、出産などさまざまなライフスタイルの変化によって、荷物が過剰にあり手狭になってい…
  2. 株式会社ヴァレウは、大掛かりなリフォームにも対応できる業者です。千葉 リフォームを行っている会社でも…
  3. 結婚式を控えている新婦にとって、ブライダルエステは特別な一日を美しく過ごすために受けておきたい憧れの…

アーカイブ

ページ上部へ戻る