小林朋継さんの毎日

小林朋継さんは50代で読書とラーメンの食べ歩きが大好きな都内にお住まいの方です。性格は温厚なので誰にでも優しく接する方で周りの仲間たちからもとても好かれています。小林朋継さんは結婚をされているのですが、夫婦生活もとても充実しているようで本当に幸せそうな家庭です。

小林朋継さんの毎日は平日はお仕事をしており土日は休みです。お仕事は夕方には退社をするのでいつも仕事終わりにはラーメンの食べ歩きをしています。都内にはラーメン屋さんがたくさんあるので、お気に入りのお店は有りますが、いつも決まった店に行くのではなく、ラーメン屋さんによってラーメンの味が違うのでそれぞれの場所の味を楽しんで食べ歩きをしています。小林朋継さんはラーメン屋さんでどこが美味しいかなどを教えてくれます。教えてもらったラーメン屋さんに行ってみると、本当に美味しくてラーメンのことは小林朋継さんに聞けば今までに味わったことのないラーメンに出会えると思います。

そんなラーメン通の小林朋継さんですがラーメンよりも大好きなものがあります。それが読書です。小林朋継さんは学生の頃から読書を趣味とし、集めた本の数は一万冊を超えるというので驚きました。小林朋継さんの家にお邪魔をしたときにはそんな数の本はどこにも見当たらず、どこにあるのだろうと思っており、小林朋継さんに聞いてみると、家には殆ど本はなく、なんと敷地内の離れに所蔵する本を保管しているようです。その理由は小林朋継さんの家自体は大きいのですが、一万冊以上もある本の全ては家の中だけでは納まりきらず、敷地内の離れに置くようになったということです。離れを見に行ってみると膨大な数の本が並んでおり、まるで書店か図書館に来ているようでした。離れの書庫には新しいものから何十年も前のものまで様々な本が並んでいました。

本について聞いてみると、小説、漫画、how to本まで多種の本に詳しく、本当に本を愛しているんだなと感じました。またタイトルとあらすじをセットで把握しているので、何を聞いても詳しく説明をしてくれます。小林朋継さんが本についての話をされると聞いている私まで楽しくなってきます。本の奥深くまで学ばせてもらっているので、それから私も本が大好きになりました。休日はほぼ毎日読書をしているらしく、土曜日は小説、日曜日は漫画などと分けて読まれているそうです。本やラーメンが大好きで、仲間も大事にしてくれるので、誰からも愛される人です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. リフォームは、自分の家をより快適にしたいというお客様の夢や希望の詰まった素敵なものです。そんなお客様…
  2. 私鉄の運転士として働く松岡哲也氏は、中部地方における私鉄の列車を運転するのが仕事です。子供の頃から鉄…
  3. 沢山の人から慕われている村瀬孝司ですが、彼は現在コンピュータ関連の仕事をしています。というのは、人々…

アーカイブ

ページ上部へ戻る