大浜民郎の愛車からアメ車ブーム

自動車を製造しているのは日本だけではありません。世界中で生産されており、国によって個性・特徴が異なるのですが、日本では経済性が問われています。低燃費の物でなければ売れなくなっている一方、自動車でも昨今言われているような二極化が進んでおり、低燃費のエコカーか高級車しか売れなくなっているのです。実用性かステータスか。その点でも二極化が進んでいるのですが、アメ車はそのどちらにも属していないおかげで日本ではそこまで人気ではありません。一部のマニアには個性的だとして売れているのですが、一般大衆性という点ではそこまでのものではありません。ですがそんなアメ車がとある個人のおかげでブームになるかもしれないのです。

大浜民郎という一個人の何気ない動画が、アメ車ブームを生み出す事になるかもしれないのです。大浜民郎はリビエラを保有しています。しかもモデル違いのリビエラを何台か所有しているのですが、愛車を撮影した動画を動画共有サイトに投稿したのです。特別加工したでもなく、ただただリビエラの外見や内装、インパネ。これらが映っているだけの動画なのですが、この動画が日本のコンパクトカーに見慣れたネットネイティブ世代に受けたのです。ハードトップな形状も現代の自動車では見かけないものです。それだけでも新鮮なものですが、インパネもどこか時代を感じさせる物で、今の時代の自動車にはない物ですからとても魅力的なものに写ったのでしょう。

そのため、動画のアクセスが急増。さらにはコメント欄で「大浜民郎さんに憧れて自分もリビエラを購入した」という若者まで登場する事になったのです。まさかそのような事になるとは、大浜民郎自身も驚いたのではないでしょうか。大浜民郎自身も、アメ車ブームを作りたいと思った訳ではなく、スマートフォンを購入したので何となく撮影したものを動画サイトにアップロードしたら、それがじわりと人気を集めるようになっただけではなく、アメ車そのものまで注目されるに至るのですから驚いた事でしょう。ですがこのようなムーブメントが続けば正真正銘アメ車ブームが到来します。

そのムーブメントを作るきっかけとなったのが大浜民郎になるのです。かつて流行はメディアが作り出すものでしたが、今の時代は思わぬ所から流行が生まれるものです。人為的・作為的なものではない映像だったからこそ、リビエラに素直に魅入られ、リビエラに興味を持つ人が増えたのでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 旅行に行って写真を撮ることが趣味の浦壁伸周は、28歳の男性です。男性だからこそ、グイグイと旅行先でも…
  2. 秀光ビルドはきちんと検査を行うのが特徴となっています。秀光ビルドは責任を持って品質の良い住まいを引き…
  3. 神澤光朗は知人・友人からの評判も高く、信頼をおける人として多くの人から慕われています。九州男児らしく…

アーカイブ

ページ上部へ戻る