大渕愛子の生き方

バラエティ番組を見ているとおばかタレントにしか見えない大渕愛子ですが、実際の大渕愛子はおばかタレントではなく、弁護士です。最近大渕愛子を知った人は、彼女が弁護士という事さえ知らないかもしれません。彼女は元々弁護士としてテレビ出演するようになり、弁護士らしからぬキャラクターがうけてバラエティ番組に引っ張りだことなっていったのですが、彼女は職業は弁護士のため、当然テレビ出演がメインではなく、弁護士業務が彼女の日常になります。

彼女は東京弁護士会に所属し、自身の法律事務所も開設しています。それが本来の姿ですが、バラエティ番組に引っ張りだことなっているおかげで彼女の弁護士としての資質を疑う声もあるのですが、バラエティ番組は基本的に台本通りに行うものです。

制作サイドは、どうすれば面白いテレビ番組を作る事が出来るのかを日々考えた上で試行錯誤を繰り返しているのですが、「当たり前」の事を行っていても面白くはないのです。多くの人が意外に思うような事をこなすからこそ面白いのですが、大渕愛子という弁護士を弁護士らしからぬ扱いをする。元々弁護士は高貴な職業とのイメージが強いため、バラエティ番組に出てもあくまでも「弁護士」として扱われるのが当たり前でした。

バラエティ番組に出演する時は、おばかタレントとの比較対象として、頭の良い存在として弁護士を用意するのが常とう手段だったのですが、大渕愛子に関してはそのような従来の弁護士ではなく、まるで彼女自身がおばかタレントなのではないかと思う程に隙だらけなのです。ですがそれが視聴者にうけているのです。弁護士のような固い存在があそこまでやってくれるのか。そのように驚いている人も多いのです。弁護士として考えたら、バラエティ番組でそのような演出をされるのは得ではないかもしれません。依頼する側としては頼れる弁護士の方が良いに決まっています。ですが大渕愛子は自分自身の専門分野では実績もありますので、バラエティ番組で多少ハメを外しても大丈夫だという自信もあるのでしょう。むしろ自信があるからこそあそこまで割り切ってバラエティ番組に「融合」しているとも言えます。

本来であればそれはなかなか簡単な事ではないのですが、弁護士としてプラスになるかもしれない。そのような思いもあるのでしょう。その点では大渕愛子は実はとてもプロ根性がありますので、ある意味テレビタレント向きなのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. リフォームは、自分の家をより快適にしたいというお客様の夢や希望の詰まった素敵なものです。そんなお客様…
  2. 私鉄の運転士として働く松岡哲也氏は、中部地方における私鉄の列車を運転するのが仕事です。子供の頃から鉄…
  3. 沢山の人から慕われている村瀬孝司ですが、彼は現在コンピュータ関連の仕事をしています。というのは、人々…

アーカイブ

ページ上部へ戻る