八ツ田和夫の趣味

月に一度は登山をしています

両親が登山好きだったので八ツ田和夫は小学生のころから夏休みになると登山に連れて行ってもらっていました。
そのおかげで八ツ田和夫は登山好きな青年に成長しました。
高校を卒業して、大学に入ると登山サークルに所属して全国の山に登るようになりました。
夏になると毎年北アルプスの槍ヶ岳や穂高岳に行き、4日から5日かけて縦走するようになりました。
表銀座縦走コースと表銀座縦走コースを制覇できたのは彼にとって良い思い出になっています。
また、サークルでは冬山にも登っていたので、八ツ田和夫は雪山登山も経験しています。
就職してからは何日もかかる登山はできなくなりましたが、月に1度は週末に登山をするようにしています。八ツ田和夫は東京都内に住んでいるので、奥多摩や丹沢山地、秩父などの山に行くことが多いです。
登山のために体力づくりも欠かしていません。登山をしない週末は10キロメートルから15キロメートルほどの距離を必ずジョギングするようにしています。
ジョギングの際はザックを背負って、荷物の重みにも耐えられるように鍛えようとしています。
彼は最近は有給休暇を取って、九州や北海道の山にも挑戦しようとしています。
そして日本百名山を制覇をしようと考えています。

実はスイーツ好きでもあります

登山が趣味というと硬派なイメージがありますが、八ツ田和夫はスイーツが好きです。
スイーツ好きになったきっかけは大学の側に新しいケーキ屋ができて、そこでケーキを買ってきて登山サークルの仲間と部室で食べたことです。
ラム酒の味を活かしたケーキは甘すぎず、ケーキに対する考え方が変わったと彼は語っています。
社会人になってからは会社や自宅の近くのケーキ屋のほか、都内の話題の店は必ずチェックするようになりました。
八ツ田和夫は会社では営業を担当しているため、外回りをするついでにケーキ屋に立ち寄ることもあります。
八ツ田和夫はケーキ屋めぐりをするうちに、自分でもケーキを作りたいと考えるようになりました。
最初はインターネットで調べてショートケーキを作ってみたが、スポンジが上手く膨らまなくて失敗したと言っています。
また、クリームを泡立てすぎて固くなってしまい、綺麗に盛りつけられなかったそうです。
その後、試行錯誤を繰り返すうちに、八ツ田和夫のケーキ作りの腕前は向上しました。
彼は果物を作ったケーキを作るのが好きで、レモンタルトやタルト・タタンなどをよく作っています。
最近は冗談のように将来退職したらケーキ屋を開こうかと言っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. リフォームは、自分の家をより快適にしたいというお客様の夢や希望の詰まった素敵なものです。そんなお客様…
  2. 私鉄の運転士として働く松岡哲也氏は、中部地方における私鉄の列車を運転するのが仕事です。子供の頃から鉄…
  3. 沢山の人から慕われている村瀬孝司ですが、彼は現在コンピュータ関連の仕事をしています。というのは、人々…

アーカイブ

ページ上部へ戻る