管理の徹底も行う加賀建設

愛知県の稲沢市に加賀建設はあります。この会社は、無垢材を使った家造りを行っております。この無垢材のすばらしさは、実際住んでみると自然の香りがして癒される空間をご実感できます。一般的に家の寿命はおよそ25年から30年と言われておりますが、加賀建設では「100年住み続けられる家」という考えを持っております。「なぜ木材を使用した家に100年も住めるのか?」、それは加賀建設が行っている定期検査に秘密があります。これは家を建てた後に行われるもので、どのような家も年月が経てばどうしても傷みが出てきます。その傷みがひどくならないうちに行う定期的な検査で、悪い状態になることを未然に防ぐことができるのです。このようにして加賀建設による「質の高い建物」と「定期検査」の組み合わせにより、「100年住み続けられる家」になって行くのです。

どの様な家もメンテナンスをしなければいけないものなのです。「建てっぱなし、建てたらそこで終わり」というものではありません。お客様がご満足して住み続けられることは、メンテナンスを怠らない加賀建設だからこそ安心して住んで行けるのです。無垢材の良さを実感しながら住み続けられる家造り、それがこの会社の主な精神になっております。こだわりが強いほど職人たちも、お客様が望むことに答えて行くことで技術力も向上して行きます。「出来ない」のではなく「出来るように努力をする」、これが加賀建設なのです。初期段階ではあらゆる疑問やご心配ごとなどの相談を綿密に行って行きますので、費用のことや、建設する土地のこと、さらには周囲の環境などもご相談して頂くことで時間はかかりますが、必ずご納得頂ける方向へと話し合いが進んで行きます。

最初のお話し合いが非常に大切になりますので、お忙しくどうしても時間が取れない方でもメールやファックスにてより細かな相談のやり取りができます。有害物質が出ることがない無垢材を使うことで、アレルゲン物質による体調不良などもなく、良いことの方が多いものです。加賀建設は「人が住みやすく、人に優しい家造り」を目指しながら建設を行って行きます。そして家の寿命を最大限長くする、定期的な管理など、この会社は常にお客様重視の考えで仕事をしております。

加賀建設
http://www.kagakensetu.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. リフォームは、自分の家をより快適にしたいというお客様の夢や希望の詰まった素敵なものです。そんなお客様…
  2. 私鉄の運転士として働く松岡哲也氏は、中部地方における私鉄の列車を運転するのが仕事です。子供の頃から鉄…
  3. 沢山の人から慕われている村瀬孝司ですが、彼は現在コンピュータ関連の仕事をしています。というのは、人々…

アーカイブ

ページ上部へ戻る